小松市で探偵に配偶者の不倫の相談を行い実態調査を依頼して解決できます

MENU

小松市で探偵事務所が不倫相談で調査の取りかかる流れと報告

不倫の調査を探偵事務所にフリー相談でお願いし、調査した趣旨を伝えて予算額を算出していただきます。

 

調査方式、調査した中身、見積り金額に同意できましたら、契約を実際に履行します。

 

契約を交わしたら本調査がスタートさせていただきます。

 

不倫調査する場合、通常2人1組でされることがほとんどです。

 

けれども、頼みに受けて人員の数を修整することは可能なのです。

 

当事務所の浮気の調査では常にちょこちょこリポートが入ってきます。

 

それにより調査した進捗状況を細かく知ることが不可能ではないので、ほっとしていただけると思います。

 

 

当事務所の調査の契約の中では日数が規定で定めておりますので、規定日数分での不倫調査が終えたら、すべての内容と全結果を合わせました調査結果報告書がさしあげます。

 

浮気調査報告書には、詳しくリサーチ内容について記されており、調査中に撮影された写真等も添付されます。

 

不倫調査後に、ご自身で裁判を来たすような場合、この不倫調査結果報告書の中身や写真等はとても肝心な証に必ずなります。

 

このような調査を我が探偵事務所にご依頼する目的として、このとても肝心な裏付を掴むことがあります。

 

たとえ、調査した結果報告書の内容へご納得いただけない場合は、調査続行を要求することも可能です。

 

不倫調査結果報告書にご満足して本契約が完了させていただいた時、それらでこの度ご依頼された浮気の調査は終了となり、重大な浮気調査に関する資料も当探偵事務所で抹消させていただきます。

小松市で不倫調査は探偵事務所が掴んだ証拠を公判に提出可能です

浮気のリサーチといえば、探偵事務所をイメージわきますね。

 

探偵という仕事は、相談者様からの調査依頼を受けて、聞き込み、尾行や、見張りの色々な方法によって、目標人物の住所や行動パターンの確実な情報をピックアップすることを主な業務です。

 

当探偵の仕事は多岐に渡っており、そのほとんどが浮気の調査であります。

 

不倫の調査はけっこう多いものなのですね。

 

機密性が高いとされる探偵業務は、不倫調査にピッタリ!といえますよ。

 

当探偵事務所に不倫調査を依頼をしたら、その道のプロの広い知識や技術を用い、クライアントが必要とされるデータを集めて教えてくれます。

 

 

不倫の調査のような調査依頼は、少し前まで興信所に申し出るのが普通でしたが、興信所には結婚相手の身辺調査や雇用調査等がほとんどですので、探偵業のような影で行動するのではなく、目的の相手に興信所より来た調査員であることをお伝えします。

 

あと、興信所のエージェントはほとんど細かく調査をしないです。

 

親しい知人へ様子を聞くだけの場合もあるそうです。

 

昨今の不倫の調査では、気付かれないように、身辺調査をしてもらいたい人がほとんどなので、興信所よりも探偵の方がメリットは大きいですね。

 

探偵へ関する法は昔は制定されていませんでしたが、ごたごたが発生したことから8年前に探偵業の業務の適正化に関する法律が施行されました。

 

それなので、所定の届出をしなければ探偵の仕事が不可能です。

 

そのため健全な業務がされていますので、安全に浮気調査をお願いできるようになっています。

 

何かあった時はまず最初は探偵にご相談することをお奨めしたいと思います。

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

小松市で探偵に不倫を調査する依頼時のコストはどれくらい?

浮気の調査でおすすめの探偵に対した依頼することですが、手に入れるには裏付などを脱毛に不服だった場合に、有効度で、経費は上昇する動向があります

 

もちろん、依頼をお願いする探偵事務所などにより費用が違いますので、多数の探偵事務所があればその事務所ごとに値段は違っているでしょう。

 

浮気の調査での際には、行動する調査として探偵員1人につき一定の料金がかかります。調査員の人数が増えますとそのぶん料金がどんどん高くなっていきます。

 

行動調査には、尾行のみと浮気しているかの結果のみの「簡易調査」と、予備的な調査、特殊機材、証拠のVTR、報告書で報告する「基本調査」と二種類あります。

 

行動調査のかかる料金は、60分を単位と決めています。

 

定められた時間をオーバーしても調査を続ける場合は、延長代金が必要に応じてかかってきます。

 

 

尚、調査員1名にで1時間ずつの延長費用が必要になります。

 

さらに、自動車を運転する場合、別途、費用が必要になります。

 

日数×1台あたりで決めています。

 

必要な車両の台数によって費用は変化します。

 

それに、交通費や駐車料金等調査にかかる諸経費も必要になってきます。

 

また、その時の状況に合わせてですが、特殊な機材などを使うこともあり、そのために必要な別途、料金がプラスされてきます。

 

特殊な機材には、暗くても見えるカメラや隠し撮りするためのカメラ、超小型カメラ、盗聴器、映像を確認するモニター様々な機材がございます。

 

探偵ではそれらの特殊機材を用いて非常に高い探偵調査力で様々な問題も解決へ導いていくことができるのです。